中小消費者金融のカードローンは独自審査で借りやすい

金融機関でカードローンを申込んだ場合は、その人の返済能力を見る目的で、審査が行われます。この時は収入の有無と並んで、その人の信用情報に、ブラックが登録されていないかどうかの確認も行われます。もしこれらの条件をクリアしていれば、お金を借りられるようになります。しかし、もしローンの支払いが遅れて延滞をしていたとか、債務整理をしていたなどの理由でブラックがあった場合には、期日に入金できないとみなされ、審査に落ちてしまうこともあります。
しかし、それでもやはりカードローンを申込みたいという時には、中小の消費者金融が便利です。中小の業者は独自審査を行っていますので、審査基準が緩く、ブラックがある人でも申込みやすいのが特徴です。その代わり、借入れができる金額は少額で、50万円以下という場合が多いです。
ただし注意しておくべき点もあります。それは総量規制です。ご存知の方も多いでしょうが、総量規制というのは、年収の3分の1に当たる金額を借入限度額と定めるシステムです。消費者金融の利用はすべてこの対象となりますので、他の業者からもお金を借りている場合は、金額によっては新規に借りられないこともあります。
また中小の業者だけでなく、大手であっても一部の業者は、ブラックがあってもお金を貸してくれる所もあります。この場合は、最初は数万円からの取引となりますが、きちんと利用と返済を繰り返すことで、段々と与信枠を大きくしてくれる仕組みになっています。