カードローンの返済が遅れると遅延損害金が発生する

もしも日常生活の中でお金に困る事態に陥った時には消費者金融や銀行が提供するカードローンを活用すると便利に不足額を埋め合わせることができます。このカードローンとはネットや電話、自動契約機、郵送などの手法を使って申し込みを行い、審査に通過すると個人専用のカードが発行されます。これを使って近場のATMからいつでも、限度額の範囲内らいくらでも融資金を引き出すことが可能となるのです。

 

ただし、これらのサービスを利用するにあたっては注意も必要です。というのも、単に借入を重ねるだけでなく、毎月の期日までに最少額として借入期間分の利息だけでも返すことが求められるからです。もしもこの期日に間に合わなかったなら遅延損害金が生じてしまう可能性があるのです。これは返済が遅れた分、消費者金融側にかかる迷惑料のようなもので、返済が延滞するほどこの金額は大きくなっていってしまいます。もちろんその間、利息も増え続けますので、負担はさらに大きくなります。

 

また、それでもなお規定の額が返済されない場合には信用情報に記録が残る可能性もありますので注意が必要です。この信用情報とは各業者が会社を超えて顧客の記録を共有しあっているデータベースのようなもので、もしも何らかのトラブルが生じた際にはこん情報が残ってしまい、次回以降に他社からの借り入れを行う際に審査で躓くことになりかねません。そう言ったリスクを生じさせないためにも、遅延損害金が発生しないように注意が必要です。