カードローン利用時の派遣社員の在籍確認について

正社員として働いている人よりも派遣社員やパート、アルバイトなどの非正規雇用で働いている人が多いと言われている現代において、消費者金融のカードローンなどを利用する人もそのような人が多くなってきています。
消費者金融から融資を受けるという場合には、審査の段階で電話での在籍確認が行われるのが一般的です。非正規雇用として働いているという場合には、どこにこの連絡があるのでしょうか。一般的には、派遣されているところではなく、契約している会社に在籍しているという事になりますので、申し込みの際には契約している所の連絡先を記載することをおすすめします。
この在籍確認を行うことが出来なかったという場合には、お金を借りることは出来ませんので、注意が必要です。なお、雇用元の全てのスタッフが申込者の事を知っているわけではない可能性があります。そのため、事前に連絡がある可能性があるということを伝えておくようにすると良いでしょう。
電話連絡でカードローンに申込をしたことがバレてしまうのではないかと心配に感じられる人もいるかもしれませんが、基本的に業者名を名乗るということはありません。担当者の個人名での問い合わせとなりますので、それだけでバレるという事は無いでしょう。そのため、安心して申し込みをすることが出来ます。
場合によっては、在籍していることを確認することが出来る書類を用意することで、在籍確認の代わりとすることが出来ることもありますので、相談しても良いでしょう。